« 展示会「懐かしの玉野市電と玉野の交通」 | トップページ | JR四国が駅ナンバリングを実施 »

2006.02.28

富山港線から富山ライトレールへ

JR富山駅から岩瀬浜駅間を結ぶJR西日本のローカル線で富山港線という路線があります。
この路線は元々富岩鉄道という私鉄が建設した路線で、その後富山電気鉄道に譲渡して同社の富岩線となった後、私鉄の戦時統合で富山地方鉄道の路線となったのを経て、1943年にいわゆる戦時買収で国有化された路線です。

この路線、こういった経緯もあり富山駅で接続している北陸本線が交流電化区間なのに対して、全線直流電化区間となっていました。

この富山港線ですが、JRの路線から路面電車(LRT)化されることとなり、今日2月28日限りでJR富山港線としては廃止となります。
JRの路線が路面電車化されるのはもちろん初めてです。

トラックバックピープル「鉄道ピープル」

廃止後は約2ヶ月間バスでの代行輸送を実施して路線の路面電車への切替工事を実施して、4月29日からはJR西日本から路線の経営を引き継ぐ、富山市・富山地方鉄道・北陸電力などが出資する第三セクターの富山ライトレールの路線として再出発します。

富山ライトレール移管後は、路線の起点がJR富山駅から富山駅北口に新たに出来る富山駅北電停が起点となって岩瀬浜までの路線となり、途中の駅(電停)の数もJR時代より増えるそうです。
車両も従来のJRの電車やディーゼルカーから、お隣高岡の万葉線「アイトラム」や岡山の岡山電気軌道「MOMO」と同タイプの車両に変わります。
また、現在工事中の富山駅付近の高架化が完成した後は、富山地方鉄道の富山市内線と線路を接続して、直通運転を行う予定だそうです。

こういった地方都市近郊のJRローカル線の路面電車(LRT)化ですが、駅の増設、列車の増発、既存の軌道線との直通運転などにより利便性を高めるというもので、この富山港線以外にも僕の地元岡山の吉備線でも検討されています。

今回の富山港線の路面電車化、僕も注目しています(^^)。

|

« 展示会「懐かしの玉野市電と玉野の交通」 | トップページ | JR四国が駅ナンバリングを実施 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山港線から富山ライトレールへ:

« 展示会「懐かしの玉野市電と玉野の交通」 | トップページ | JR四国が駅ナンバリングを実施 »