« 地震だ!(こうさぎ) | トップページ | 地震だ!(こうさぎ) »

2004.10.03

両備バス「リョービエクスプレス」、その3

「両備バス「リョービエクスプレス」、その1」「両備バス「リョービエクスプレス」、その2」に引き続きの「リョービエクスプレス」ネタ第3弾です(^^;。

エアロバス(2004年10月2日撮影)
画像をクリックすると拡大します

上の画像(携帯電話での撮影なので少々ピンボケしています)は三菱ふそうの38人乗「エアロバス」(ハイデッカー車、車番0306、両備観光カンパニー倉敷支店所属)で、2003年に大阪線の増便に伴い導入された車両です。

「エアロバス」は最近の両備バスの昼行高速バスの主力車種で、高速バス用車両では必須アイテムだったTV・サービスコーナー(日本茶などのセルフサービスコーナー)・読書灯などがなくなった替わりに、FM文字多重放送(見えるラジオ)を利用した情報表示装置が設置されています。
車内は定員重視のシートレイアウトで、2+2人がけシートが前から10列(10列目は運転席側のみの2人がけ)配置されていて、10列目のシートの反対側(ドア側)にトイレが設置されています。

2001年から毎年増備(最初に導入した「京都エクスプレス」専用車1台が字幕式行先表示器付車だった以外はLED式行先表示器車)され、現在は昼行高速バスの各路線で使用されていて、貸切用車両からの転用車による運行が多い大阪線でも約3分の1の便がエアロバスによる運行となっています。

10/4 22:20 内容一部追加

|

« 地震だ!(こうさぎ) | トップページ | 地震だ!(こうさぎ) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 両備バス「リョービエクスプレス」、その3:

« 地震だ!(こうさぎ) | トップページ | 地震だ!(こうさぎ) »