« 台風接近@夏ちゃんぶろぐ | トップページ | 「ワールドビジネスサテライト」ブログ特集(こうさぎ) »

2004.07.31

ことでんが電車・バス共通ICカードを導入へ

高松琴平電気鉄道は、四国運輸局などと準備を進めている鉄道・バス共通使用可能な非接触ICカードを来年2月から導入する意向を明らかにしました。

このICカードシステムは、国や県、沿線自治体の財政支援を受けて進めることでんの再生計画の設備近代化事業として、約9億円(国や県、沿線自治体が約5億円補助)かけて整備するものです。
カードの愛称は「Iruca(いるか)」で、ICの文字と同社のキャラクター「イルカ」をかけた愛称です。
このカードはプリペイド式で、利用回数に応じて料金を割り引くほか、電車・バスとの乗り継ぎ割引を導入するのが特徴で、サービス開始に向け、読み取り機をことでん全駅と子会社のことでんバスの路線バス約70台に設け、瓦町、片原町、高松築港の3駅には自動改札を導入します。

11月中旬から年末にかけて、まず琴平線瓦町~一宮間の6駅でモニターテストを行い、読み取り機の作動状況などを調査するとともに周知を図り、来年2月から本格導入予定です。

鉄道・バス共通ICカードは、遠州鉄道「NicePass(ナイスパス)」という愛称で8月20日から全国で初めて本格導入(遠鉄バスのみは8月から全線で利用可能)しますが、今回のことでんの「Iruca」はそれに次いで2番目の本格導入となります。

尚、四国では伊予鉄道で今年3月1日~8月31日の間ICカードの実証実験が行われていて、こちらの方では携帯電話を利用した料金支払実証実験が行われています。

参考:四国新聞HP

|

« 台風接近@夏ちゃんぶろぐ | トップページ | 「ワールドビジネスサテライト」ブログ特集(こうさぎ) »

コメント

身体障害者の、ばわりは、はんがんには、なりませんか?
身体障害者には、とても、よいことです。

投稿: 中條 義雄 | 2004.08.08 19:40

中條さん、はじめまして。

Irucaですが、まだ詳細が発表されていないので何ともいえませんが、こういった非接触ICカードの先輩であるJR西日本の「ICOCA」ではこども用「ICOCA」が登場していますので、子ども用や身障者用のカードも開始後すぐ登場するかは分かりませんが出てくるのではないかと思います。

投稿: てつお/川上 | 2004.08.09 22:03

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ことでんが電車・バス共通ICカードを導入へ:

« 台風接近@夏ちゃんぶろぐ | トップページ | 「ワールドビジネスサテライト」ブログ特集(こうさぎ) »