« 今更ながら吉野家の豚丼(^^;) | トップページ | 世界の中心で、愛をさけぶ »

2004.05.20

名鉄岐阜600V路線の運行引受を岡山電気軌道が検討へ

名古屋鉄道が来年三月末で撤退を表明している岐阜地区の600V線(岐阜市内線・田神線・美濃町線・揖斐線)の存廃問題で、岡山電気軌道が同路線の運行を引き受けられるかどうか、検討に入ったことを明らかにしました。

これは地元岐阜市の細江市長が19日に岡山電気軌道の小嶋社長を訪ねて、地域交通の確保を打診したのに対して、その返答に20日岐阜市役所を訪ねた岡電の礒野常務が明らかにものです。
この会見で礒野常務は、「最終的な判断はまだできないが、地域交通を確保するため、前向きに協力していきたい、経営努力で十分運営は可能」と語ったそうです。

参考:中京テレビHP「中京テレビプラス1もっと」今日のトップニュース(動画あり)
   名古屋テレビHP「地方ニュース」(動画あり)

日本でいちばん路面電車に優しくない都市の岐阜の路面電車を含む名鉄の岐阜地区600V路線ですが、ここで岡電が名鉄撤退後の運行に名乗りを上げて、路線の運行引受の検討に入りました。

運行引受には、名鉄側から自治体側への資産の譲渡金額の問題(岡電は今回の運行引受について、線路など基盤部分を自治体などが負担し、運行を民間企業が分担する上下分離方式での運行を大前提としています)、一般車両の軌道敷内通行規制(岐阜市は他の多くの路面電車をもつ自治体と異なり、一般車両の軌道敷内通行可としています)、運転士の確保(名鉄が、岐阜地区600V線区の従業員を来年以降は中部国際空港関連へ振り向けられる事にしている為)など、解決しなければならない問題はまだまだ多いです。

|

« 今更ながら吉野家の豚丼(^^;) | トップページ | 世界の中心で、愛をさけぶ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄岐阜600V路線の運行引受を岡山電気軌道が検討へ:

» 奇跡の存続なるか? [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 かつては全国各地で路面電車が走っていましたが、今では全国に約20都市にのみ残っ [続きを読む]

受信: 2004.05.21 01:50

« 今更ながら吉野家の豚丼(^^;) | トップページ | 世界の中心で、愛をさけぶ »